どのような仕組みになっているか

先生と生徒

銀座の英会話教室といっても、教室によってその仕組みが大きく分かれるところです。例えば、マンツーマンの教室の場合には振り替えなどを前提に考えられていますので、忙しいサラリーマンにとっては非常に魅力的です。例えば、会社が終わるのが夕方の6時ごろだとします。そうすると、会社帰りに 6:30ぐらいに予約をすることができれば無駄なく英会話を続けることができるでしょう。これにより、時間を無駄にせずに英会話を学ぶことができますが、会社員の場合には時に残業をしなければならないこともあります。特に日本の会社の場合は残業をすることを美徳と考えている部分があります。もし残業してしまい、その日のうちに行けないと考えられる場合には、振り替えをすることができるでしょう。

どのレベルまで学ぶことができるか

授業

銀座の英会話教室といっても、本当に英会話の基本が身に付くかどうかあるいは応用力が目に付くかどうか気になる人もいるでしょう。そこで、その実態を見ていくと基本的に英会話教室の言う通りに進めていけば、英語能力を高めることができるようになります。実は、日本人が考えているほど英会話は難しいものではりません。そのようなことを教えてくれる英会話教室が増えています。日本人の場合には、英語を学ぶことに対して大きな壁があるわけではなく、どちらかといえば英語は難しそうと考えている心の問題の方が深刻です。つまり、いくら英語を学ぼうとしても自分は話すことができないのではないかという考え方です。ですが、実際に教室に通ってみると、間違えても英語を相手に通じるということも知ることになるでしょう。この心の壁が取り払われれば、初心者のレベルならばあっという間に伸びていきます。中級者も、比較的簡単に成績を伸ばすことができるはずです。

お金はどのようになっているか

先生

習い事をする場合には、当然お金がかかります。これは、銀座の英会話教室に通う場合にも例外ではありません。多くの場合、英会話教室は月謝制度になっています。例えば、2カ月に4回通うとすれば、毎月の月謝が\8000という形で決まっていることがほとんどです。それ以外に費用がかかるのかが問題になりますが、月謝に関してはそれ以上かかることはないでしょう。ただ、教材費などが別にかかる可能性があります。教材費の場合は、たいてい最初の段階で購入しますので毎月教材費がかかる訳ではありません。初期費用として教材費がかかると考えておけばよいでしょう。ただ、英会話教室の中でクラスがレベルアップした場合などは、新たに教材を買い直さなければならないこともあります。その場合にもお金がかかるでしょう。

広告募集中